副作用なくうつ治療ができる話題のtms治療|トラウマが発端になる

女性看護師と男性医師

カウンセリングは無料

女性と看護師

世間一般でのうつ病のイメージといえば、未だに詐称や甘えであるとした考えがあるものです。特に体に病状があるわけでもないのに、心身の不調を訴えるのはおかしいと考える人はよく見られます。トラウマが発端になるうつ病は精神面の問題から発生するれっきとした病であり、近年の研究では身体面からの変化も観測されています。決して詐称や甘えといった言葉で済ますことはできないため、発症した場合自力でなんとかしようとはせず、専門のクリニックでしっかりとした治療を受けましょう。うつ病は慢性的なストレスや過去のトラウマが引き金となり発症する病です。人は強いストレスを感じると、脳内で分泌されるエンドルフィンやドーパミンといった神経物質が減少します。これらの物質は楽しい気分になった場合大量に分泌されるとされていますが、普段の状態でも気分を安定させるために分泌がされています。慢性的なストレスを感じ続けると、この脳内物質が常に不足し、脳の活動自体が低下してきてしまいます。こうした状態が続くと、気分が常に不安定となり、意欲や集中力の減退を招くことで、まともに仕事が行なえなくなるものです。自律神経へも作用し、強い動悸やめまい、倦怠感などを覚えるようになります。自律神経の不調により身体への負荷が増せば、精神面への負担も増すことになるので、放置するとどんどん症状が悪化してしまうのです。自力で治そうとしても、負のスパイラルに陥った状態を独力で改善するのは難しいものです。治療の専門家に相談することで、うつ病を適切に治すことができるでしょう。薬物療法や心理療法のほか、最新のtms治療によって改善させることができるのです。

tms治療とは、電磁気を用いて脳の血流を促進させる治療法です。うつ病は脳内の神経物質が不足することで脳機能が減退し、発症する病です。血流促進によって脳を活性化させれば、脳機能改善によりうつ症状を緩和させることができるのです。しかしながら、この治療法は国内ではまだまだ認知がされていないものですので、どのクリニックでも受けることができるわけではありません。治療を受ける場合、専門の機器を導入しているクリニックへ診察を受ける必要があります。クリニックでは無料でのカウンセリングも受けられるので、治療による効果や本人の体質との相性など、気になる点を医師から訊くこともできるでしょう。ネットを利用することで、24時間いつでも予約を入れることができます。診察を受ける前には、前もって予約を入れて行くとスムーズにカウンセリングを受けられるでしょう。

注意すべきうつ病

頭を抱えるレディー

うつ病は気分障害と呼ばれる病です。放置すると強い不安感やイライラ、倦怠感を生み、社会生活をまっとうに送れなくなります。もしも慢性的な疲れや倦怠感を感じているという人は、一度うつ病専門のクリニックへ治療を受けましょう。tmsなどを使った最新治療により、すぐに症状を治してくれます。

もっと知ろう

双極性障害にも効く

相談

tmsは、双極性障害への治療にも役立てることができます。うつとは違い、双極性障害は躁状態で周囲への溝を作ることがあります。周りからの支援が適切に得られない場合もあることから注意が必要となるのです。うつ病と誤診もされやすいので、うつ病治療に効果がない場合はtmsを受けましょう。

もっと知ろう

薬物治療との違い

病棟

薬物治療とは異なり、tmsは薬による副作用や依存性に陥ることはありません。副作用がないので、軽度のうつ病である人ならば、仕事を行いながらtmsによる治療を行なうことができるでしょう。依存性に陥るリスクもないので、自己管理が難しい場合はtmsでの治療を選んでもよいでしょう。

もっと知ろう

治療による心理面での効果

先生と患者

tmsは脳の血流を改善させることで効果が得られますが、人によっては一時的な効果しか得られないのでは、と疑念を抱く人もいます。うつ病での治療は外的要因からの成功体験を積み重ねることが重要となります。治療による改善効果を積み重ねることで、うつは治る病だということを実感しましょう。

もっと知ろう

気になる費用

こめかみを押さえる人

tms治療は保険適用がなされないため、高額な費用が必要となります。しかし国内で治療を受けられる場所は限られており、薬物療法によって退職するリスクを考えて、tms治療を選択する人も多いのです。一回限りの無料券も配布されているので、一度利用してどれだけ効果があるかを体感しましょう。

もっと知ろう