副作用なくうつ治療ができる話題のtms治療|トラウマが発端になる

ナース

双極性障害にも効く

相談

tmsの治療によって効果が得られるのはうつ病だけではありません。双極性障害と呼ばれる症状にも高い効果をもたらすとされています。双極性障害とは、一般的なうつ病とは異なり、躁状態とうつ状態を繰り返す病です。あまり耳慣れない単語である躁状態とは、通常のうつ病とは真逆の、非常に活動的に振る舞うようになる状態です。エネルギッシュに行動をするようになるため、一見して通常のうつ病よりもよい症状のように思えるでしょう。しかし、この躁状態ではしばしば周囲の人間関係を破綻させることがあるため、注意が必要となります。言動にも活発さが増し、つい乱暴な言葉を相手に浴びせてしまうことや、相手の言葉にカッとなり暴力を働くようになるのです。金銭面でのトラブルも現れ、金使いが荒くなり莫大な借金を背負ってしまうこともあるため、問題となるのです。通常のうつ病ですと、周囲の人からの支えが得られることもありますが、双極性障害ですと周りの人も扱いづらさを感じるため、周囲からの適切な支援を受けられず、孤立によりさらに症状が深刻化する場合もあるのです。この双極性障害は症状や原因もうつ病と似通った部分があるため、tmsによる治療が効果を発揮します。薬物治療や心理療法とともに、tmsによる治療方法も検討しておくとよいでしょう。

双極性障害はうつ病と誤診されやすい病であるため、診察を受ける際には注意をする必要があるでしょう。多くの人は重篤なうつ症状が現れている状態で受診するので、医師の診察でもうつ病だと判断されやすいのです。双極性障害はうつ病に用いる治療薬では適切な効果を受けることはできません。きちんとした治療効果を受けられないばかりか、躁期で周囲への溝ができてしまうことで、環境の悪化が症状の深刻化をもたらす場合があります。きちんと躁状態での行動を伝えなければ、双極性障害に必要な治療薬は処方されないのです。tmsであれば、うつ病ではなく双極性障害であったとしてもしっかりとした治療効果が得られるでしょう。うつ病での治療を受け続けていても、症状が全く改善する様子が見られない場合、双極性障害である可能性があります。うつと双極性障害の両方に効くtmsの治療を受けましょう。